西田人権宣言 条文より一部抜粋

-第1章- nisida

●第1条 
nisidaは、団体の象徴であり人権民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する人権民の総意に基く。


-第2章- 人権民の権利

●第2条
すべてのsummonerは、レート、プレイヤースキル、プレイ数、その他の意見、国民的若しくは出身リージョン、diamond、platinumその他 の地位又はこれに類するいかなる事由による差別をも受けることなく、この宣言に掲げるすべての権利と自由とを享有することができる。

●第4条 (pickの自由)
何人も、supportにされ、又は苦役に服することはない。EUstyle及びsupportの強制は、いかなる形においても禁止する。


●第9条(feederの推定)
何人も、feederと宣告されるまでは無罪と推定される。ゆえに、reportが不可欠と判断された場合でも、その身柄の確保にとって不必要に厳しい強制は、すべて、法律によって厳重に抑止されなければならない。


●第11条(buildの自由)
思想およびbuildの自由な運用は、人の最も貴重な権利の一つである。
従がって、すべてのプレイヤーは、法律によって定められた場合にその自由の濫用について責任を負うほか、自由に、話し、書き、印刷する事ができる。 濫用について責任を負うほか、自由に、話し、書き、印刷する事ができる。


-第3章- 人権民の義務

●第14条
すべて人権民は、nisidaの奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。